TEL

ホーム > Blog記事一覧 > 脳梗塞の前兆の記事一覧

脳卒中の種類

2017.03.02 | Category: 脳卒中,脳卒中の種類,脳梗塞,脳梗塞の前兆,脳梗塞の症状

脳の疾患についてざっくりしていきたいと思います
『脳卒中』について今日は簡単に説明していきます。

まず脳卒中とは脳血管障害と言われる総症名の様なものです。
ですので脳卒中という病気ではないわけです。

分かりやすく言うと、肩こりみたいなものです。
そんな病名はないわけです。

っでこの病気は脳血管障害という言葉の通り脳の血管が破れたり・詰まったりすることによって発病することを言います。

まず脳卒中で大きく分類されるのが
血管が

詰まる OR  破れる  の2種類になります。

『 詰まる 』

・脳梗塞:脳の中の血管が詰まる・もしくは狭くなった状態で血流が悪い状態で発生

・脳血栓症:脳の中の太い血管が固くなることに伸縮性が無くなり血管内が少しずつ狭くなり、そこへ血の塊によってつまり発生。
もしくは高血圧が原因で脳の細い血管が変性して血管がつまり発生。

・脳塞栓症:脳の中の血管に心臓でできた血の塊が流れてきて血管を塞ぎ発生させること。

・一過性脳虚血発作:脳の血管が一時的に詰まるが直ぐに、血流が再開すること。脳梗塞の前ぶれでよくあります。

『 破れる 』

・脳出血:脳内の細い血管が破れて出血すること

・くも膜下出血:脳の表面の大きな血管にできたコブが破れてくも膜の下に出血すること。

脳梗塞の前兆の項目・症状など

2017.02.25 | Category: 脳梗塞,脳梗塞の前兆,訪問マッサージ,訪問リハビリ

ボニート代表の切石です。

最近40代の位の隠れ脳梗塞の人が3人に1人ぐらいが居てるといわれてます。
私はまだ30代ですがたまに頭が痛くなってもしやと思うこともあります。

そんな方へ前兆を簡単に書いておきます。
あくまで参考程度です。何個か当てはまるようでしたら早期病院に受診

口の動きのが変になる
ロレツが回らない
言葉が出しにくい
思ったように字が書けない
口をうまく閉めれない
相手の言うことが理解しにくい
身体のどこかに痺れが起こる
鏡を見て顔の歪みがある
手足に力が入りにくい
物が二重・三重になって見える
片方の目に膜がかかった感じで見えない
視野が狭い
目の焦点が合わなくなる

上記の様な症状が前兆になります。
複数個当てはまるなら早期受診お願いします。

当院へのアクセス情報

BONITO

所在地〒543-0001 大阪府大阪市天王寺区上本町5-2-14佐伯ビル1F
駐車場なし
電話番号06-4392-7106
休診日不定休
院長切石 明良